PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見たい夢を見る方法その1

夢を見ている時の脳の活動状態を、脳波計とMRIを用いて調べたところ、夢を見ている時は、脳の中央部の「記憶中枢」と後頭部の「第一視覚野」が活発に活動していることが明らかになった。この事から、夢とは、睡眠中に脳に貯えられた記憶を呼び出し、その記憶を元に様々な映像を作り出して視覚化し、実際に映像として見ているものだと考えられる。
では、睡眠中、どのような記憶を呼び出すのかを自分で決めて、見たい夢を見る事が出来るのだろうか?
国立精神神経センター・大熊輝雄博士によれば、夢を自分の見たい夢に近付けることは不可能ではないという。

方法その①『外的刺激を与える』
睡眠中は、小さな刺激でも敏感に感じ取り、夢にその影響が出やすいという。睡眠中に外的刺激を与えると、夢にどのような影響が現われるか実験を行なったところ、外的刺激は何らかの形で夢に取り込まれる事が多い。そのため、睡眠中に見たい夢の内容を連想させる様な外的刺激を与えると、それが夢に取り込まれる可能性が高いという。

方法その②『入眠前の感情を操作する』
脳に入ってきた情報は前頭葉に短期記憶として貯えられる。そして睡眠中、前頭葉はその情報を、海馬に蓄えられた過去の記憶と照らし合わせて呼び出し、ある程度、筋の通ったストーリーを持った夢に仕上げる。
大熊博士によれば、この時、楽しい感情を抱いたまま入眠すれば海馬からは、過去の楽しい記憶が呼び出されやすくなり、夢も楽しい夢になる可能性が高くなるという。そのため、眠る前に楽しい感情を抱く事で楽しい夢を見やすくする事が出来ると考えられる。
さらに、大熊博士によれば、見たい夢を見るためには、普段からある程度の準備が必要という。

準備その①『夢をカラーにする』
色彩豊かな夢は、記憶に強く残り起きた後も思い出しやすいという。そうした夢を見るため、一日2回、2分間、広い景色を風景の色を意識してじっくり眺め、記憶に留める練習をすると良いという。

準備その②『見たい夢を見やすいコンディションを作る』
精神的なプレッシャーやストレス、体調は、夢に大きく作用してしまうため、見たい夢を見ようと思っている当日には、1、 酒を控える、2、満腹にしない、3、病気やケガは直しておく、4、トイレに行っておく、などに注意すると良いという。

さらに具体的な方法を探るため江戸川大学人間社会学部・松田英子講師に話を聞き、女性が『大好きな彼と海辺でデートをする夢』を見る方法を調査した。

『①感情を沸き上がらせ、見たい夢のイメージをつける』
アメリカ・ニューヨーク州立大学のフレデリック・ベアケランド博士の研究では入眠前に見たい夢のイメージを連想した場合、その内容の50%以上が夢に出現したという。この事から『好きな男性とデートをする夢』を見たい場合には、眠る前の30分間程度、その男性の写真を見て「楽しい」「幸せ」などの感情を伴いながら、デートをしているシーンを連想すると、高い確率で夢に出現させる事が出来ると考えられるという。

『②外部からの刺激を与える』
松田講師によれば、睡眠中に受ける外的刺激の中でも、特に夢の中に反映されやすいのが『音』による刺激だという。そこで例えば『海辺でデートする夢』を見たい場合、枕元で波の音を流したり、海をイメージさせる音楽を聞く事が効果的であるという。次に効果的な外的刺激は『匂い』であるため、夏や海をイメージするようなココナッツの香りやマリン系の香水などを使うのも良いという。

『③姿勢』
胸に手を当てるような格好や、膝を立てる格好で寝ているとその刺激が脳に伝わり悪い夢を見る場合があるため、このような姿勢は避けた方が良いという。

『④目覚め』
見た夢を忘れないように、90分に1度訪れる、脳の一部が働いている「レム睡眠」の直後に目覚める様にする。このとき、大きな音や振動など強い刺激が加わると、夢の記憶を消し去ってしまう事があるため、静かな心地よい音楽などで起きる様にすると良い。

これらの方法によって、どのくらい見たい夢に近付ける事ができるのか、「彼と海でデートをする夢」を見る実験を試みた。その結果、場所や登場人物は、ある程度、希望通りに夢に現われたのだが、完全に見ることが出来た人は1人もいなかったのだ。
松田講師?によると、この方法は見たい夢に近い情況を作ることは可能なのだが夢のストーリーまでも完全にコントロールする事は難しいという。

つづく
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumaiyulina.blog16.fc2.com/tb.php/156-87bd1b23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。