PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しらまつがもなか

なんの事やらわからんから調べてみた


白松がモナカ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
白松がモナカ(しろまつがもなか、しらまつがもなか)とは、仙台市青葉区に所在する株式会社白松がモナカ本舗が製造販売している最中の商標である。宮城県銘菓として知られるが、北海道でも広く知られており、道内では北海道銘菓として扱われることもある。

読みに関しては創業者一族の名字から「しろまつ」が正しいとも言われるが、過去にラジオCMで「しらまつ」と言われた時期もあり、どちらでも良いとされている。

[編集] 白松がモナカ
円形ながら上から見て下部に当たる部分は平らにされており、皮種には「超特」「白松」の文字や、店舗の意匠などが刻み込められている。餡の種類は栗・大納言・胡麻・大福豆の4種類があり、最中の大きさもミニから大型までの4種類が揃えられている。


[編集] 商標の由来
製造元の白松がモナカ本舗は、1932年(昭和7年)に白松菓子店として開店しており、創業者の「いずれは白松の菓子の名を広めたい」という思いから名付けられた。商標につけられている「が」は所有格で(例:我が国、君が代)、最中のほかにも全ての商品に「白松の商品」という意味で『白松が-』と名付けられている。



もなかだったんだねwwwwww
似たようなのは食ったことあるなぁ

ってか

白松がヨーカン
白松が銅鑼焼き

とかあってワロタw
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumaiyulina.blog16.fc2.com/tb.php/550-f2285d6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。